2018年9月8日土曜日

Arazbari

カマンチャレッスン報告。
前回の曲の謎は解明されました。忘れた1つのメロディは最後にプラスされ、その後あるメロディに戻って終わり。私が苦手はことを習いました。ハサノフ先生は2本の弦を同時に弾いてハーモニーを作るのがとてもお上手なのですが、私もそれをしなくてはいけなくなってしまいました。「簡単なので良いですよ〜」と心の中でつぶやきながら、必死に弾きました。簡単にアレンジした生徒版では無くて、先生が演奏しているものをそのまま教えてくださるのだから、喜ばないといけないんですけどね。

そしてレッスンの後半は当然新曲! 前回のレッスンで「muqamを習いたいです〜!」と自分でお願いしておきながら、そのことをすっかり忘れてしまいました。そして、今度はこれを習おうっと!と、ある曲に決めていたのですが、先生はしっかり次のmuqam曲を用意してくれていました。ありがとうぅぅぅ。


曲名はArazbari。先生の模範演奏を聴いて、「うわぁ、覚え難いメロディだな。よく先生は覚えられたな〜。」と感心しました。なんとかごまかしながら弾いて、レッスンを終え、最後にハサノフ先生がYou Tubeにあるクラシック版を教えてくれました。素敵な曲♪ で覚え易いのです。新曲は最初に聴かせほしいな。


クラシック版(Uzeyir Hajibeyov 作曲)軽やか〜

https://www.youtube.com/watch?v=6IgQkfehp5c

muqam版 ゆったり〜

https://www.youtube.com/watch?v=H56yeGMwu1A
https://www.youtube.com/watch?v=l4MSNQjK51o

かなり感じが違います。


この曲、Leyla and Majnunというアゼルバイジャンオペラ(ロミオとジュリエットみたいなストーリー)の中に入っているそうですが、未だに見つからず。

https://www.youtube.com/watch?v=ud-wg3HDAyk

2018年9月5日水曜日

Heyrati イケメン君の鼻!

ブログをまたサボってしまいました〜。その間に2曲習いました。レッスンは月2回真面目に受けています。毎回新曲ですけどね・・・。

前前回はHeyratiを習いました。随分前に、You TubeでたまたまTarのレッスンビデオを見つけました。そこに出ているNagaraを叩きながら微妙にニヤニヤしている男子の鼻の高さに驚き、「こんな鼻の人がいるのか〜」と思いながら何度も見ていたら、曲を覚えてしまいました。これ↓は短い版です。
https://www.youtube.com/watch?v=s3GA45YOyII&t=78s

42曲と50曲入っています!
去年バクーで購入したmuqamのmp3を聴いているうちに、久しぶりにmuqamを習いたくなったので、「教えてください!まずはHeyratiから。」とハサノフ先生にメールでお願いをしました。そうしたら「いいよ。スタートにはとても良い曲だね。」と返事をくださいました。

私が習ったHeyratiはかなり長くて、6分半くらいあるかも。メロディの順番を間違えそうになりましたが、必死に覚えました。レッスンの終わり間際に「模範演奏で1つメロディを弾き忘れたよ〜!」と思い出し、そこだけ弾いてくださったのですが、一体そのメロディがどことどこの間に入るのかわからずに2週間練習・・・。う〜む。




2018年8月2日木曜日

ウジウジソングSen gelmez oldun

暑いですね〜。私は鼻の下に汗を大量にかき易いので、鼻の下を日々拭き拭き、忙しいです。

7月31日のレッスン曲で50曲めに突入しました!私がハサノフ先生から習った曲が50曲も!!先生に伝えたら、とても驚いていました。毎回新曲だからそうなるのかも・・・。普通は毎回新曲にはならないですよね。なぜ急ぐのかな?

7月に習った曲は二曲。アゼルソングのSen gelmez oldunとイランソングのMorghe SaharSen gelmez oldunは恋愛ソングです。約束したのにこなかった〜〜、こなかった〜、と歌っています。そのウジウジ&ネチネチ感をだしなさい!と師匠。はい。。。
この曲はアゼルバイジャン宣伝映像のBGMによく使われていて、以前から気になっていました。バラバンというアゼルバイジャンの大きな篳篥のような楽器での演奏ですが、先生はそれよりも、Sibel Canさんの歌の方がお好みだそうです。とってもネチネチしています。
https://www.youtube.com/watch?v=fFpk5NcVkTI&list=RDfFpk5NcVkTI&start_radio=1


もう1曲はイランの人気曲「Morghe Sahar」。morghは鳥。saharは明け方、という意味。イランでは大変有名な曲だそうです。アゼルバイジャンでもこの曲は人気で、この曲をオーケストラ版に編曲したものがあるんだよ、とハサノフ先生が教えてくださいました。
https://www.youtube.com/watch?v=F-fZ4y85IWU
https://www.youtube.com/watch?v=Ye6d4zXdtUc
https://www.youtube.com/watch?v=cPLcXNQhQ0o&t=516s


2018年6月29日金曜日

Naz elemeでダーンス!

昨日はカマンチャレッスンがありました。
レッスン1時間前に「あ!!!次に習いたい曲を考えておかないと!!」焦り始めました。毎回「どの曲を習いたいの?」とハサノフ先生から訊かれ、「。。。。?」と返事ができなくなるので。必死に考えて、やっと思い出しました。前に習いたかったけれど、先生が弾いたことがない、と言っていたので諦めていた曲がありました。いつかこの曲を教えてください!と、このアドレスを添えて先生にメールを送りました。
https://www.youtube.com/watch?v=uuS6-rzsU9A
男性の軽妙な足さばきが素敵♡

そして1時間後、先生がこの曲を教えてくれることになりました。アゼルバイジャン時代の一時期、舞踊団に所属していたことがあって、この曲をダンスに合わせて演奏したそうです。え???? 無いって言ってたのにぃ〜〜〜。(ま、いつものことなので、驚かないですけどね。)

で、習いました。少しYoutubeのメロディとは違いますが、楽しいダンス曲の完成。レッスン時間40分で完成!「2回目は高速で弾くから猛烈練習しなさい」とのお言葉が。即座に低音の第4弦から高音の2弦に飛ぶ時に、絶対に他の弦の音を出さないでね!と注意されました。また「アゼルバイジャンの他の奏者は、高速になると装飾音を付けて弾けないんだよ。弾けるようになったら凄いね。」というので、俄然張り切る私。「弾けるようにするぞ!」

前回習ったKob arabは褒められました。感情が入っていてよろし、とのこと。でも小指のビブラートはビブラートになっていないそうです。う〜〜〜む。




2018年6月23日土曜日

素敵な衣装サイト

ハサノフ先生の衣装に良さそうな服を探していたのですが、いまいち、検索ワードが悪かったようで、これ!というサイトを探せませんでした。アメリカに住む姉に「探してちょ」とお願いしたら、すぐに素敵な衣装サイトを探し出してくれました。できる姉だ。
https://www.indianweddingsaree.com/men-wear/kurta-pyjama

インドの衣装なのですが、いけるかも。ゴージャスなのに安い!クルタ(ブラウス)とパジャマ(ズボン)セットで買って、パジャマは履かないで、先生が持っているズボンにしたら、インド感は抑えられるのでは?ということで、ハサノフ先生にお知らせしました。

返事がきて、先生も結構気に入ったご様子。やった!


2018年6月18日月曜日

悲しく美しい歌

今練習している曲はKor erebin mahnisi (Song of blind arab)という盲目の男性の心情を歌った曲です。Şeyx Sananというオペラの中の一曲で、作曲者はFicret Amirovさん。悲しく美しいメロディに惹かれて、先生にレッスンをお願いしました。



https://www.youtube.com/watch?v=s8gX-WK062E

ハサノフ先生の演奏
https://www.youtube.com/watch?v=YczzqFPryY4

劇:どこにこの歌が出てくるのか・・?劇では歌われないのかな?未だ発見できず。
https://www.youtube.com/watch?v=mtdY1LcA49g&t=8s

こういう曲を魅力的に演奏するって、なかなか難しいですよね。でも好きな曲なので、頑張ります!

ライブのお知らせ

6月30日(土) 19:00 open 19:30 start 
■出演: エピジェネティックス Epigenetics
ゲスト:Amin Choghadi ( イラン古典音楽の歌手)+ 丸小野 智子 (Kamancha - アゼルバイジャンの擦弦楽器)
会場:Zimagine
http://zimagine.genonsha.co.jp/schedules/index/2018/06