2018年12月24日月曜日

ザクロな夜

無事シャベヤルダー(冬至)を祝う会での演奏が終了しました!カマンチャとウズベキスタンのドイラ(太鼓)を演奏ました。

会場はとても広くて、会場に入った時はとても驚いたのですが、イラン人や日本人など大勢来場され、満席になりました。演奏の他には講演や表彰式が行われ、あと軽い食事も振舞われました。


私的には初体験なことがあったので、気持ちが高揚しました。思い出に残るイベントです。女性の演奏者は、髪の毛を隠すためにHijab(スカーフ)を被らないといけなかったのです。6人のメンバーには2人女性がいたので、二人共スカーフを被って演奏しました。耳も隠さないといけないのはわかっていたのですが、音が聴こえないと困るので、耳は少し出しました。


シャベヤルダーではザクロを食べるので、私はスカーフ留め用に小さいザクロのブローチをネット購入しました。複数購入して、女性共演者や聴きに来てくれた友人達にもプレゼントしました。可愛いでしょう。

いつかイランに行ってみたいです。その前にペルシア語を勉強しま〜す!




2018年12月12日水曜日

シャベヤルダーコンサート2018

イラン文化センター
http://ja.tokyo.icro.ir/index.aspxpageid=35234&newsview=719110



私はカマンチャの演奏で参加します。6名でイランの音楽をたっぷりお届けします。
何かシャベヤルダーにちなんだ食べ物が出るかも〜?

Salam Azerbijan!

9日の夜に行われた「Salam Azerbaijan!」コンサートの報告です。会場となった祖師ヶ谷大蔵にあるカフェ ムリウイさんは、ビルの屋上にあるのです。初めて訪れましたが、外から見る薄明かりのお店の様子がなんとも幻想的でした。

共演者は、ウードの矢島夕佳里さん、パーカッションの船原徹矢さん、ダンサーのIKUYOさん。この4人でのコンサートは初めてでしたが、とてもしっくりいったと思います。

おかげさまで満席!今回は私の思いつき企画で、お客様はどれくらいいらっしゃるのかな〜?10人くらいな〜?と思っていたのですが、嬉しいことに、アゼルバイジャン音楽やダンスに興味をお持ちの方が予想以上にいらっしゃったことを知りました。最年少のお客様は4歳の女の子。「さばくのジン」という絵本を読んでから、その話に出てくるカマンチェの音色に興味を持ったそうです。

私の夢である、ダンスとの共演も果たせて、とても満足です。Sari gelin(黄色い花嫁)、 Ağ çiçek(白い花)、Yallı、コラボはこの3曲の予定だったのですが、アンコールのGöy Göl(青い湖)も、前日のリハで踊ってくださることになったのです。IKUYOさんのブロ根性には驚きました。そしてIKUYOさんのスタイルの良さにびっくり。顔ちっちゃ!いいな〜〜。


今回、私は赤いダンス衣装にしました。丈が短いのが難点ですが、お気に入りの衣装です。


第二弾も行いますよ!
次回もお楽しみに〜♪


2018年11月22日木曜日

満員御礼!ペルシアの千一夜音語コンサート

20日のアルハンブラでのコンサートは無事終了しました。平日にもかかわらず、満席になりました。ご来場くださった皆様、ありがとうございます!

「アルハンブラ」はフラメンコを鑑賞しながらスペイン料理を堪能できるお店です。ステージにスペイン国旗はかかっていましたが、それ以外はあまりスペイン感は無いので、様々な地域の音楽やダンスを披露する場所としてふさわしいと思いました。またここで何かイベントをしたいな、と思いましたが、一年前から予約いっぱいだそうですよ。

色々発見はありましたは、今回一番驚いたのは、ウズベキスタン(サマルカンド)出身のErkin君とイラン人のAminさんはタジク語で一緒に歌える!ということです。国が違うのにすごいな、と思いますが、ペルシア語とタジク語は似ているそうです。ウズベキスタンの伝統音楽 Mavrigiでは、全員太鼓を持って演奏に参加しました。私はウズベクドイラを叩いたのですが、とても重たかったので、顔で笑って心で泣いて、状態。日頃の練習不足を感じました〜。


今回、ペルシアの伝統楽器であるサントゥール、カマンチェ(カマンチャ)、トンバク、セタール、タンブール、を日本人だけで演奏したんですよね。あとはネイとウードが入ったら・・・と想像しただけで、楽しくなります。

12年くらい前にイラン観光イベントコンサートで、初めてペルシア音楽を生で聴きました。イラン人ミュージシャンが来日して本格的な伝統音楽を聴かせてくれたのですが、その時にイランのネイの音色を聴いて、ネイの音色に魅了されました。でもネイは前歯と前歯の間に挟むので、すきっ歯の方が音が出やすいよ、と言われ、諦めました。その時は自分がカマンチャを弾くことになるとは思っていなかったです。未来ってわからないものですね。

ペルシアの伝統音楽はまだ私には知らないことばかりですが、微分音!のおかげで、音を正しく弾くことを、より意識するようになりました。ありがとう微分音!


2018年10月30日火曜日

アゼルバイジャン音楽コンサート情報!


丸ちゃん企画コンサート!

12月9日(日)、祖師ヶ谷大蔵にある「ムリウイ」さんにてアゼルバイジャン音楽コンサートを開催します。アゼルバイジャンのムガーム、ヒットソング、フォークソングを選びました。演奏者は3名。ウード奏者の矢島 夕佳里さん、パーカショニスとの船原 徹矢さん、そして私。

そして今回の目玉は、私の夢の一つであったダンスとのコラボ☆ ベリー、ターキッシュ、ロマ、トルコ民族舞踊の専門家であるIKUYOさんが、アゼルバジャンの舞踊を優雅に舞ってくださいます。日本でアゼリ舞踊を鑑賞できる機会は滅多にないので、ぜひこの機会にご覧ください。

Salam Azerbaijan! ~アゼルバイジャン音楽とダンスの夕べ〜
129日(日) 会場:ムリウイ  18時30分開演  18時開場 


〜出演者〜
◇丸小野 智子:カマンチャ(Kamancha)
◇矢島 夕佳里:ウード(Oud)
◇船原 徹矢:パーカッション(percussion)
ゲスト: IKUYO(ダンス)

会場:カフェ ムリウイ
東京都世田谷区祖師谷3-1-22 3階

チャージ:ご予約の場合は2500円、(当日は3000円) +ドリンクのオーダーをお願いします。
*飲み物のみのご提供になります。お食事のご用意はないので、お気をつけくださいませ。

○ご予約&お問い合わせはこちらまでどうぞ!




2018年10月21日日曜日

Darixma

前回のレッスン記録。レッスンの日、Hasanov先生はサンフランシスコから夕方車で帰宅して、少しお疲れ気味。先生、疲れているのにレッスンをしてくれて、ありがとうございます!

「次は何を習いたいの?」と訊かれ、先生のCD “Sound of my soul”の中の2曲のタイトルを伝え、「先生はこの2曲をアボスさんとのコンサートで続けて弾いてますよね?」と確認したのですが「うん、でも3曲続けて弾いたんだよ」と返事が返ってきました。あらま!です。で新曲は、私がカウントしていなかった曲からスタート。タイトルはDarixma。意味はDo not be lonely 。

この3曲を続けて弾けるようにする!が次の目標です。
1 Darixma
2 Yox-Yox  https://www.youtube.com/watch?v=qAcukpDazOE
3 Qalbimin sasi
https://www.youtube.com/watch?v=OHNNVxz3xuc&index=1&list=PLncT8eQk8PJipf8UOa9vIn2-dVOuXuXii

“Sound of my soul”は太鼓好きさんにオススメです。太鼓はトンバクとフレームドラム。カマンチャと太鼓だけなので、シンプルで良いです。音量バランスも良いし、選曲もGood! 購入して聴いてみてください!!
https://store.cdbaby.com/cd/imamyarhasanov2